ブログ blog

上甲子園のあおき鍼灸整骨院院長の青木です。

半月板とは、膝関節の内側と外側に1枚ずつあり、膝を安定させる、膝の動きを滑らかにする、膝関節にかかる負担を分散させる役割を果たしているクッションのようなものです。

その半月板が損傷しててしまい、痛みや動きの制限がででしまうものが「半月板損傷」です。

特にスポーツ中に体重が加わった状態で捻って発生する場合が多いのですが、加齢に伴い半月板の変性が起こりちょっとした外力が加わって損傷する場合もあります。

単独で損傷するよりも前十字靭帯損傷や内側側副靭帯損傷を合併して起こることが多いと言われています。

症状

膝の痛み、膝周りの腫れ、階段の昇り降りの痛み、膝を完全に伸ばそうとすると痛む、膝を伸ばしていくと引っかかったような違和感を感じる、正座できない等があります。

激しい痛みとともに急に膝が動かなくなる(ロッキング)症状が出ることもあります。

膝周囲の筋力強化や筋肉の柔軟性を出したりしていくことで痛みは軽減していきます。ただし、重度の場合は、関節鏡を用いた手術が必要になります。

痛みを我慢しているうちに、腰や股関節など別のところまで痛くなることもありますので、膝の状態をしっかり把握することが必要です。

最後までお読みいただきありがとうございました(^o^)