ブログ blog

上甲子園のあおき鍼灸整骨院院長の青木です。

中年以降になるとよく聞くのが、変形性膝関節症です。

骨と骨の間が狭くなったり、関節軟骨が磨り減ったり、骨の変形がみられたりします。

症状

階段の昇り降り、長時間の歩行、正座した時、立ち上がる時、動き始めの痛みなどがあります。

主に膝の内側が変形し、内側の痛みが多いです。痛みをかばったりして、腰臀部や反対の膝などが痛くなったりもします。

また、炎症が起こると膝に水が溜まってしまいますので、炎症の原因を無くしてあげることが必要です。

硬くなった筋肉を柔らかくし、膝周りの筋力強化をしていき痛みをコントロールしていく必要があります。

まずは一度ご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございました(^o^)