ブログ blog

上甲子園、甲子園口のあおき鍼灸整骨院院長の青木です。

前回に続き今回も温活についてです。

身体を温めることは健康だけでなく美肌にも効果的ということをご存知ですか?

体温が下がってしまうと、新陳代謝が悪くなり、肌のターンオーバーにも影響し、肌トラブルが起きやすくなってしまいます。

東洋医学に「瘀血」という言葉があります。瘀血は「血が滞ったり、血の流れが悪く、よどんだ状態」を指します。瘀血による肌トラブルの一つにニキビがあり、あごや首周りにできやすいと言われています。血行を良くすることで、瘀血の改善につながり、繰り返すあごニキビの解消に良いと思いますよ。

また、肌の冷えは乾燥肌の原因になっているかもしれません。

身体を温めることにより、肌質改善に影響を与えます。

当院では、ラジオ波温熱によるフェイスケア、刺さない美顔鍼などで血行を良くしていきます。

生姜を食べる、下半身を鍛える、首、手首、足首の3首をしっかりと保温して体温を逃がさないなど出来る範囲で温活をはじめてみてはいかがでしょうか。

お悩みの方はご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございました(^o^)