ブログ blog

上甲子園のあおき鍼灸整骨院院長の青木です。

熱中症は毎年7月~8月に多く発生します。

気温・室温や湿度が急に高くなったりすると、体温調節機能がうまく反応しないため

熱中症になりやすくなります。

予防法

1.水分をしっかり

汗をかくと、水分とともに塩分やミネラルが奪われてしまうことで、体温調節機能がうまく働かなくなってしまいます。毎日こまめに水分補給することが大切です。そのときに、塩分補給も忘れないでくださいね。糖分と一緒に補給することで、水分や塩分の吸収を高めてくれ、疲労回復にもいいので効果的です。カフェイン入りは利尿作用があるので避けましょう。

2.空調をしっかり

部屋の中でも起こるため、エアコンは温度28℃以下、湿度60%以下に設定したり、扇風機を併用するなど上手に利用しましょう。

3.休息・栄養はしっかり

睡眠時間をしっかり取り、バランスの取れた食事を取ることで、体調を整えることも大切です。

 

予防法は他にもありますが、しっかりと対策することが大切です。

西宮でも今週末は、30℃を越えてくるみたいですね💦

暑さに負けず夏を楽しく過ごせるようにしていきましょう☺️

最後までお読みいただきありがとうございました(^o^)