ブログ blog

上甲子園のあおき鍼灸整骨院院長の青木です。

腰の痛みや足のしびれや痛みの1つととして腰部脊柱管狭窄症があります。

脊柱管とは?

背骨、椎間板、関節、靭帯などに囲まれていて神経が通るトンネルです。脊柱管はそれらを守る役割があります。

・原因・

加齢・重労働や重いものを持つ職業、あるいは背骨の病気による影響で変形した椎間板と、椎骨や椎間関節から突出した骨などにより脊柱管が狭くなるため。

・症状・

腰痛、腰の周りが重かったり、違和感、はり感がある、足にしびれや痛みがある。

この病気では長い距離を続けて歩くことができません。もっとも特徴的なのは、歩行と休息を繰り返す間欠跛行です。

進行すると、下肢の力が落ちたり、排尿障害、肛門周囲のほてりなども起こってきます。

間欠跛行とは?

安静にしている時にはほとんど症状はありませんが、背筋を伸ばして立っていたり歩いたりすると、ふとももや膝から下にしびれや痛みが出て歩きづらくなります。しかし、前かがみになったり、腰をかけたりするとしびれや痛みは軽減されます。

・予防と治療・

日常生活で姿勢を正しく保つことが必要です。自転車での移動も痛みが起こりにくく、良い運動になります。

保存療法としてはリハビリテーション、コルセット、神経ブロックや脊髄の神経の血行を良くする薬で症状が改善することもあります。しかし、排尿障害があったり歩行障害が進行し、日常生活に支障が出てくる場合には手術を行うこともあります。

まずは保存療法で改善を試みていくのがいいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました(^o^)